乾燥肌のファンデーション、粉拭きを防ぐ使い方

乾燥肌 ファンデーション使い方

乾燥肌だとファンデーションを塗った時に、粉拭きが目立つのが悩み・・という方も多いようです。

粉拭きしない乾燥肌のファンデーションの使い方のポイントをご紹介します!

セラミド入り美容液でしっかり保湿

洗顔後に化粧水をつけてから、保水力が優秀なセラミド入りの美容液でしっかり保湿。

しっかり保湿しておくことで、ファンデーションを塗った時に粉ふきするのを防ぎます。

粉浮き防止に保湿クリームを塗る!

乾燥肌の人は、化粧下地を塗るよりも、保湿クリームを粉ふきしやすい場所に塗ると効果的です。

下地用のものではなく、敏感肌用のクリームがおすすめ。

鼻のまわりやおでこ、あごは皮脂が多く化粧崩れがしやすいので、Tゾーンにはクリームは塗りません。

10分ほど時間をおく!

スキンケアを完了してから、すぐにファンデーションを塗るのではなく10分ほど時間を置くのがポイント!

乾燥肌の場合、特に肌内部が乾燥しているので、しっかりお肌に保湿成分を浸透させるまで時間がかかります。

美容液やクリームの美容保湿成分と自分の皮脂が自然に混ざるのを待ちます。

ファンデーションをつける

お肌と保湿成分が程よく混ざったら、そのままファンデーションをつけます。

紫外線ケアが気になる方は、紫外線吸収剤を使用していない紫外線散乱剤の日焼け止めをプラスします。

日焼け止めを塗った後にファンデーションつけます。

パウダーファンデーションもおすすめですが、乾燥肌に負担をかけない仕上げ用のフェイスパウダーがよりおすすめです。

少し厚塗りするくらいが、シミ対策にはベスト!

そのためにも、厚塗りに見えないフェイスパウダーやファンデーションを選ぶことをおすすめします。

生理前・妊娠中・産後は念入りなUVケアがマスト!

生理前や妊娠中、産後はホルモンの影響で肌のバリア機能が低下しています。

そのため、シミができやすいので、念入りな紫外線対策が必要。

外出時は、最低限日焼け止めとファンデーションをつけてお出かけします。

コメント

  1. […] […]