乾燥肌のファンデーションの選び方の5つのポイント

乾燥肌 ファンデーションの選び方

乾燥肌だと、ファンデーションを塗った時に粉が吹いたり、ファンデーションが寄ってしまったり、仕上がりがキレイにならない・・シワが目立つ・・などのお悩みがあります。

ファンデーションには、パウダー・リキッド・クリーム・エマルジョン・BBクリーム・CCクリームなどたくさんの種類があり、メーカーもたくさんあります。

SNSや口コミを調べてみても乾燥肌のファンデーションを選ぶのはどれも同じように感じて迷ってしまうもの。

乾燥肌のファンデーション選びの5つのポイントを押さえておきましょう!

1.界面活性剤・刺激成分無添加のファンデーション

乾燥肌の原因は、以前別の記事でもご紹介しましたが、乾燥肌はお肌のバリア機能が低下している状態です。

つまり、ファンデーションに含まれている刺激の強い界面活性剤や化学成分をお肌に塗ると、ダイレクトにダメージを受けてしまい、さらに乾燥肌が進行し敏感乾燥肌になる恐れがあります。

石油系界面活性剤、合成着色料、合成香料、合成保存料が入っているファンデーションを使うのは避けたほうがベターです。

特に合成香料は、肌の炎症を引き起こす引き金とも言われています。

できるだけ無香料のファンデーションを選ぶようにしましょう。

プチプラ、デパコスのファンデーションにもこれらの刺激の強い化学成分は使われているので、オーガニックコスメや完全無添加の天然由来成分で作られたファンデーションがおすすめです。

2.敏感肌用のファンデーションを選ぶ

敏感肌=乾燥肌=バリア機能が低下した状態です。

乾燥肌用のファンデーションは売っていませんが、敏感肌用のファンデーションは薬局などでも売っています。

キュレルは敏感肌用としてスキンケアに力を入れているのでおすすめです。

他にも通販でお肌にやさしいファンデーションが販売されています。

3.メイクオフしやすいものを選ぶ

強力なクレンジングを使わないと落とせないファンデーションはおすすめできません。

汗や水に強いウォータープルーフのファンデーションなどは、紫外線対策にはいいですが、肌への負担が大きく、メイクを落とすときに使うクレンジングによる乾燥も悪化させていまいます。

天然由来や低刺激成分で作られたファンデーションの中には、洗顔だけで落とせるものもあります。

メイク落としは必要な油分や水分までも落としてしまうことがあるため、極力使わないかクリームタイプのクレンジングがおすすめです。

4.負担の少ないリキッドファンデーションを選ぶ

乾燥肌におすすめのファンデーションのタイプは、リキッドファンデーションです。

リキッドファンデーションは保湿力が高く肌へのフィット感が高い特徴があります。

パウダーファンデーションは粉を拭いてしまうので乾燥肌には合いません。

リキッドファンデーションは、クリームタイプに比べて肌への負担が軽いです。

リキッドファンデーションのカバー力をアップさせるには、気になる部分に重ね付けすること、指先やスポンジなどでやさしくたたき込むようになじませるのがポイントです。

5.保湿成分が入っているかをチェック

乾燥肌には保湿成分は欠かせません。

保湿成分でおすすめなのが、ヒアルロン酸、セラミド、コラーゲン、プラセンタ、スクワランなどです。

保湿力の高いファンデーションは、塗っているだけで乾燥肌を外的刺激から守ってくれるバリア機能役目も果たします。

購入前に、ファンデーションの原材料をチェックしてみましょう。

6.伸びがよいファンデーションを選ぶ

伸びが悪いと、その分肌になじませるためにこすったりしてしまいがち。

スルスルと伸びていくような伸びの良いファンデーションは、肌に負担をかけません。

また伸びのよいファンデーションを使うことで、化粧ノリをよくしてファンデーションのヨレなどを防ぎます。

乾燥した肌はファンデーションのノリが悪くなりがちですが、厚塗りにならない伸びの良いファンデーションならキレイに仕上がりファンデの持ちもよくなります。

 

 

コメント